健康美容サロン私の綺麗塾!アイデア生活者ニーズを知る!

なぜ結婚願望が湧いてこないのかを徹底解明!

 

なぜ結婚願望が湧いてこないのかを徹底解明!

 

日本人の若者の結婚願望が低下しているのは誰もが知っているであろう事実です。
では、いったい何が若者の結婚願望を邪魔しているのでしょうか。
昔と今の時代を比較し、徹底解明してみたいと思います。

 

結婚に意味を見いだせないのが最大の理由

当たり前のことですが、昔は「結婚するのが当たり前」「結婚して一人前」「結婚すること=安定につながる」的な社会的風潮があったように思います。とくに、その当時は女性の権威なども確立されておらず、男性中心で経済活動が行われていました。しかし、現代では、男女ともに大学進学率も上昇し、女性も職場で活躍できる環境が用意されています。そうなると、経済的に男性に頼らなくても自分1人で十分生きていける状況が確立されてしまうのです。わざわざ今ある自由を捨ててまで、結婚して配偶者の面倒を見たり、仕事に影響が出るようなことをしたいとは思わない、というのが結婚を避けてしまう理由となるのではないでしょうか。つまり、結婚することにより、個人の不自由度が自由度を上回ってしまうため、結婚すること自体に意味を見いだせないのでしょう。

 

経済的理由による結婚願望のあきらめ

先程の理由とは反対ですが、経済的安定が個人で確率できていない状況だと結婚の第一歩を踏み出す勇気が削がれてしまうという理由もあるのではないでしょうか。これはとくに男性側で抱える傾向が多いと思われます。昔は正社員雇用が通常で、男性は経済的に安定していました。つまり、結婚をし、家族を持ったとしても何ら不安要素は今と比較すると低かったように思います。しかし、現代では大学を出ても非正規社員で安定していない人も大勢います。このような環境下では、いくら男性が結婚願望を抱いていたとしても実際の結婚にまで結びつける勇気が欠如されてしまう可能性が非常に高いと思われます。

 

つまり、結婚願望が湧かないのは、経済的安定による理由(主に女性側)と、それとは真逆の経済的不安定理由(主に男性側)という両局面が存在していると思いますね。